はいはいスイッチのバランス運動はやろうとすると足が浮いてしまう場合は?

はいはいスイッチのバランス運動は、歩行の経験ではなく「足を交互に動かす感覚入力」です。足が浮いてしまう場合とは、赤ちゃんが膝を曲げてしまい足裏が床につかないという状況かと思います。その場合、足裏の認識が薄い可能性もあるため、まずは足の感覚を高めるあそび「はりにいとをとおして」の足裏のアプローチほか、「いちわのからす」の足指の感覚入力、足首の底背屈による感覚入力も有効になります。
その後、両足ジャンプなどの運動に繋げてみてください。
カテゴリーの記事