「先天的な異常がない限り、赤ちゃんの運動発達はプログラムされている」とありますが、先天的な異常とはどんなものなのでしょうか?生まれ持った病気等が含まれますか?

はい。ご理解の通りです。
ここでの先天性の異常とは、赤ちゃんが生まれた時から持っている病気のことを指します。

例えば、運動発達プログラムに影響がある先天性疾患としては
————————————
・脳性麻痺など脳の障害
脳に障害を受けると、四肢や体が突っ張ったりして自分の思うように動かせなくなることがあります。

・精神発達遅滞などの発達障害
四肢に麻痺等がなくても、精神の発達が不全の状態によって認知や運動が遅れることがあります。

・先天性筋疾患等の筋肉や骨の病気
筋肉の病気で筋力が低下していたり、骨の発育が十分でなかったりすると、運動発達が遅れます。

・代謝・ホルモン異常
代謝に必要な酵素や体の発育やはたらきを調節するホルモンが欠乏したり、つくる力が弱いために運動が遅れることが言われています。
————————————

等が挙げられますが、WARAリズムは医療的サポートが必要なお子様向けのプログラムではないため、あくまでも診断するのは専門の医師であり、これらにつきましても、一般的な知識としてご理解ください。
保護者様にWARAリズムのコンテンツをお伝えする際には、文言として使用しておりません。
カテゴリーの記事